特殊な保険の知識

交通事故のお守り

大きな事故でなければ、対人賠償は自賠責保険の範囲内で収まる場合があります。任意保険を使うと、3等級下がって保険料が上がってしまいます。しかも1回だけじゃなく、何年も等級が下がる前の保険料との差額が生じます。できれば任意保険を使わずに済ませたいものです。それでは、自賠責保険はどんな対象にどこまで補償されるのでしょうか。
自賠責保険は、対人賠償のみで、死亡については3,000万円、ケガについては120万円までの補償となります。これを超える補償が必要な場合は、任意保険を使うことになります。任意保険は、相手方への補償としては、対人賠償のほかに相手の車やそのほかの物に対する対物賠償があります。一方、運転者側の損害としては、運転者のケガへの補償、同乗者のケガへの補償、運転していた車への補償などがあります。また、ロードサービスや示談交渉の代行もあります。
さらには、相手方ともめたときのために弁護士費用が保険対象となるものもあります。このように、自賠責保険は、自分が加害者になったときにある程度任意保険を使わずに補償ができます。逆に被害者になったときには、相手が任意保険に加入していなくても自賠責保険の範囲内であれば必ず補償されますので安心です。これが自賠責保険が責任保険とも呼ばれる所以だと思います。交通事故はない方がいいですが、あっても自賠責の範囲内で済ませたいものです。

自賠責保険と任意保険について

自賠責保険とは法律によって車やバイクを運転する人は加入しなければいけないという保険です。万が一事故を起こした際に当然賠償問題が生じてきますので、一般の収入の方ではその金額を払って被害者に償う事が出来ませんし、事故を起こした本人も金銭的に生活が困窮するわけです。それを最低限防止するのが所謂自賠責保険と言われる強制保険です。これに加入していないと法律で罰せられます。
任意保険というのは名前の通り各保険会社が商品として出している事故を起こしたりした際に自賠責保険だけではまかないきれない金銭的な部分などを補てんしてくれる保険ですので強制ではありません。万が一人をはねてしまった時現在では1億円以上の賠償も多くなっています。その時に自賠責保険のみですと数千万円以上の不足が出てくるのです。そうすると被害者加害者とも人生が終わってしまいます。それをせめて金銭的には緩和させる役目があるのが任意保険なのです。
また、人身事故だけでなく車等で事故を起こし建物、信号、前に走っていた車を壊してしまったという事故も多くあります。自賠責保険は人に対してしか対応しておりませんのでこれらを壊してしまったら自腹で全て保証しなければいけないのです。そうした事を防ぐのも任意保険の役割です。車社会の中で自賠責保険と任意保険両方加入するのが万が一の時の為にもお薦めです。

ニュース

2017年08月25日
気になる保険にまつわる疑問点を更新しました。
2017年08月25日
慎重な契約プランのコツを更新しました。
2017年08月25日
賢い保険の契約を更新しました。
2017年08月25日
特殊な保険の知識を更新しました。

イチオシ記事

気になる保険にまつわる疑問点

自賠責保険に加えて任意保険は本当に必要? 自動車のドライバーにとって最も恐ろしいのが交通事故です。信号無視や、仕事に遅…

もっと読む

慎重な契約プランのコツ

比較サイトで加入先を検討 自動車の免許を取得して車を購入した際には、必ず自賠責保険に加入します。これは法律で加入が定め…

もっと読む

賢い保険の契約

任意保険の保険料を安くする方法 自動車保険には自賠責保険と任意保険があり自賠責保険は強制加入です。ただし、自賠責保険の…

もっと読む

Copyright(C)2017 初心者向けに自賠責保険と任意保険を解説するサイト All Rights Reserved.