慎重な契約プランのコツ

比較サイトで加入先を検討

自動車の免許を取得して車を購入した際には、必ず自賠責保険に加入します。これは法律で加入が定められた保険で、もし加入しないで自動車に乗っていた場合には法律で罰せられます。この保険は事故などの場合の対人倍書を目的としており、必ず加入する必要がある自動車保険として、強制保険とも呼ばれています。
車購入時に加入し、また車検を行うごとに再加入しますが、保険料は車の種類および車検期間によって決まっています。これに対して、任意で入る自動車保険もあります。こちらは任意保険と呼ばれ、様々な民間の保険会社を通じて加入します。自賠責保険の補償額は低く、また保険金が支払われる範囲が狭いため、万一に備えてそれを補う補償として殆どの人が任意で加入しています。不注意で人身事故を起こしてしまった場合には、任意保険に加入しておけば補償額が高いため安心と言えます。
また保険の内容によって、自損事故や対物事故などの際の備えも可能です。任意保険は保険会社各社によって、その補償の内容や保険料、割引サービスの内容に差があります。そのためどの会社の任意保険に加入するかは、よく吟味して選ぶことが望まれます。自動車の任意保険について、各社の内容を比較したサイトがありますから、迷った場合には参考にすると良いでしょう。

保険加入は一般的

自賠責保険とは自動車損害賠償責任保険のことであり、強制保険とも呼ばれその名の通り強制的に加入が求められる保険のことです。なお、強制的に保険をかけないといけないのですが、「公道で運転するには」です。ガレージで眠っているバイクや公道を走らない車に加入する必要性はありません。ですが、もし公道で運転する場合は強制的に加入する必要があり、もし加入していないことが発覚すると50万円以下の罰金、免許停止処分が下されます。
自賠責の加入の証明所を所持して無い場合も30万円以下の罰金があることも忘れないでください。コピーでもよいので、証明書は車やバイクに乗せておきましょう。私はバイクに乗っていますが、バイクの工具入れ(鍵で開け閉めができる)に自賠責の証明書のコピーと車検証のコピーを忍ばせています。一方任意保険はその名の通り加入するかどうかは任意、つまり自由なのですが、一般的に加入するのが普通です。
もしもの事故の時に相手の損害が車であろうが、人の怪我であろうが多額になりますので、加入は常識的にした方が良いです。任意保険は国が取り仕切っているものではないので、自由に保険会社を選ぶのですが、車やバイクを購入したディーラーが取り扱っている任意保険に入るのが一般的です。というのもディーラーが任意保険会社の代理店となっているからです。

ニュース

2017年08月25日
気になる保険にまつわる疑問点を更新しました。
2017年08月25日
慎重な契約プランのコツを更新しました。
2017年08月25日
賢い保険の契約を更新しました。
2017年08月25日
特殊な保険の知識を更新しました。

イチオシ記事

気になる保険にまつわる疑問点

自賠責保険に加えて任意保険は本当に必要? 自動車のドライバーにとって最も恐ろしいのが交通事故です。信号無視や、仕事に遅…

もっと読む

慎重な契約プランのコツ

比較サイトで加入先を検討 自動車の免許を取得して車を購入した際には、必ず自賠責保険に加入します。これは法律で加入が定め…

もっと読む

賢い保険の契約

任意保険の保険料を安くする方法 自動車保険には自賠責保険と任意保険があり自賠責保険は強制加入です。ただし、自賠責保険の…

もっと読む

Copyright(C)2017 初心者向けに自賠責保険と任意保険を解説するサイト All Rights Reserved.